2019/03/19

世界の食糧問題から考える日本の食品ロス、産地ロスイベントのレポートを公開しました。

世界の食糧問題から考える日本の食品ロス、産地ロスイベントのレポートを公開しました。サムネイル

2月15日に開催した「世界の食糧問題から考える 日本の食品ロス、産地ロス」セミナーのイベントレポートページを公開しました。

ご登壇①:国連食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所 所長 ンブリ・チャールズ・ボリコ Mbuli Charles Boliko様
「すべての人々が栄養ある安全な食べ物を手にいれ健康的な生活を送ることができる世界」を目指す国連食糧農業機関の駐日連絡事務所所長より、世界における飢餓や食品廃棄の現状についてご講演いただきました。

ご登壇②:全国農業協同組合連合会 チーフオフィサー 戸井 和久 様
日本の農家組合員の経済事業を担っている全農で、 販売面のチーフオフィサーとして改革を先導する戸井氏が認識する課題、 また描く農業の未来とは?をご講演いただきました。

パネルディスカッション:生産者や食品ロスの削減に取り組む各種団体によるパネルディスカッションを行いました。
生産現場や流通工程における食品ロスが発生するメカニズムを紐解き、その解決方法を模索します。

<パネリスト>
全国農業協同組合連合会 チーフオフィサー :戸井 和久 様
榎本農園 代表 :榎本 健司 様
弊社tabeloop(たべるーぷ)代表 :佐治 祐二郎 様

●イベントレポートページはこちら
 https://tabeloop.me/event_report/

●イベントの集客ページはこちら
 https://tabeloop.me/event_20190215

より詳しい内容をお知りになりたいメディアの方などはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
https://tabeloop.me/contact/

News一覧に戻る

会員登録

初期費用、月額手数料など一切かかりません。
会員登録してお得にお買い物しましょう!

無料登録