ヤマサ𦚰口水産

生マグロ水揚げ日本一の那智勝浦から「鮪愛」を伝える

生マグロ水揚げ日本一の那智勝浦から「鮪愛」を伝えるサムネイル
創業明治30年のヤマサ𦚰口水産グループは、和歌山県那智勝浦にて、水産物仲卸・加工・販売コンサルティング・小売・廻船問屋業と幅広く展開しています。「長年事業を育ててくれた、熊野・那智勝浦の豊かな自然の恵への感謝を忘れずに、今日も鮪と向き合っている」と仰っています。主力商品はもち鮪(もちまぐろ)、もちびんちょう、生鮪、海の生ハム、海桜鮪などです。

高品質なマグロの理由は、「生」で水揚し、一本一本手で締めること

水揚げされる生マグロ

ヤマサ脇口水産グループが取り扱うマグロは、生きたまま漁師が一本一本手で神経締めを行っています。この処理を一般的に「活き締め」と呼び、日本発祥の魚の鮮度や旨味を保つ技術です。内臓やエラをとり、血抜きまでをきちんと行います。大変手間はかかりますが、これらの処理の有無で、マグロの品質保持に大きな差が出ます。

明治創業から受け継ぎ進化し続ける、目利きの力

マグロを目利きしている脇口社長

この鮮度、この丸み、この弾力・・・外見からはわからない鮪の中身を見極める目利きの力は、長い経験から培ってきたからこその「伝統技術」とも言えますね。明治創業から脈々と受け継がれてきた目利き力。現在は4代目である脇口光太郎さんを筆頭に、日々確かな目利きにより逸品のマグロが選ばれ、美味しい商品を生み出しています。ちなみにヤマサ脇口水産の商品は、航空会社のファーストクラスや大手高級ホテルでも愛用されてきたそうです。

特殊冷凍技術により、解凍後も高品質な「生」の味を楽しめる

生マグロ商品

特殊冷凍を行う「革新技術」を持つのも、ヤマサ脇口水産さんならでは。細胞膜を壊さない特殊冷凍技術でマグロを冷凍。解凍した時、細胞が「生」の状態に甦るため「生」の味をそのままに味わうことが出来ます。もち鮪(もちまぐろ)、もちびんちょう、海桜鮪、海の生ハムなどなど、もちもちの食感と旨味をぜひお楽しみください!

ヤマサ𦚰口水産さんが出品されている商品

会員登録

初期費用、月額手数料など一切かかりません。
会員登録してお得にお買い物しましょう!

無料登録