数字で見る食品ロス

食品ロスの現状

環境省及び農林水産省が公表した「食品ロスを含む食品廃棄物等の利用状況等」では、平成28年度の食品廃棄物は約2,759万トン。
このうち、食品ロスは約643万トンと20パーセント以上を占めている。
この量は、日本国⺠が1人あたり毎日茶碗1杯のご飯を廃棄していることに相当します。
2015年の国連世界食糧計画(WFP)の食糧援助量は約350万トンなので、日本人はその2倍近くの食料を廃棄していることになる。
世界の栄養不足人口は減少傾向にあるものの8億人と推定され、依然として高水準にあります。

環境省資料より抜粋(平成28年度推計) 食品ロスの現状を知るグラフ

この643万トンという数字。どういう量の数字なのでしょうか。
みなさんに身近なもので見ていきましょう。

世界の食料支援との比較(万トン)

環境省資料より抜粋(平成28年度推計)

世界には、戦争や貧困により、8億1,500万人(世界人口の9人に1人)がいまだに毎晩空腹を抱えたまま眠りについています。
さらに、3人に1人が何らかの栄養不良に苦しんでいるのが現状です。
みなさんはこの状況をどのように思われますか?

tabeloopチームはこの課題に取り組んでおります。

会員登録

初期費用、月額手数料など一切かかりません。
会員登録してお得にお買い物しましょう!

無料登録